びまん性軸索損傷と交通事故

カテゴリー 高次脳機能障害

当初、頭部打撲とだけ診断された交通事故被害者の事例

事故で頭部打撲されたある方は、事故後CT等で脳の検査をしましたが出血も確認されず異常なしと言われました。

しかし、事故後に明らかに物忘れがひどくなり、ご家族の心配は高まっていきました。

現れた症状

物忘れの他に、活動意欲が低下したり、異常によく寝るようになりました。

ご家族や周囲の人たちは高次脳機能障害なのではないか?と思うようになりました。

後遺障害等級の認定を得るための立証準備が始まりました

交通事故外傷による高次脳機能障害が認定される為には、

(1)基本的には事故直後にレントゲンやCT等で脳の出血が確認されている必要があります

(2)それが明確でない場合には、「びまん性軸索損傷」という形での受傷を証明することになります

この場合、脳の出血が画像で捉えられないという難点があります。

「びまん性軸索損傷」は脳の信号を伝えるコード(神経軸索)が広範囲に断線している状態のことで画像で捉えることは困難な損傷です。

しかし、脳室の拡大や大脳全体の萎縮、脳血流量の低下等が伴えば、それらを証明することで「びまん性軸索損傷」の立証へつなげることが可能です。

脳質拡大や脳萎縮・脳血流低下が確認されれば合理的にびまん性軸索損傷を想定することができ、事故直後の意識レベルの低下などと相まって、自賠責保険上の高次脳機能障害として認定される可能性を持っています。

事故直後の画像検査で異常なしと言われた場合でも、

記憶力の明らかな低下や活動性の低下、人格の明らかな変化がある場合は高次脳機能障害の可能性を考えて見なければなりません。

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム