Topics

医者が分かってくれない(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師は患者の話を聞いてる?

交通事故で被害者の方が持って来られる後遺障害診断書を見てビックリすることが多々あります。
特に、後遺障害の等級申請を行い、非該当と判断された方が持って来られる後遺障害診断書の中には、しっかり患者の訴えを記載したとは到底思えないものがあります。
例えば、
神経学検査はすべて陰性で、「他覚的神経学的異常所見は認めない」に始まり、「全般的に症状は改善している」に続き、「調子も良好にて平成2○年○月○日加療中止となる」で締めくくられている・・・

これって、後遺障害診断書ですか?
患者はまだまだ頭痛や腰痛が苦しんでいるからこそ後遺障害診断書の作成を依頼してるのですよね?
単に治療を中止しましたという報告ですよね?

とはいえ、このような後遺障害診断書を書く医師は少なくはなく、いったんこのような診断書が作成されてしまうと、例え異議申立を行っても挽回することは非常に困難となります。

くれぐれも医者選びには慎重に行なって下さい。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー