腰椎捻挫で1年間通院したのに完治しなかった被害者

カテゴリー ケガ/部位別・後遺障害等級, 治療・病院・医師にまつわる問題

ある被害者より、

「保険会社からそろそろ治療終了と言われました。どうしたらいいですか?」
という相談を頂きました。
回答の中心は後遺障害診断書の内容です。
一通りの説明を終え、ご本人も「それならできそう」と安心されました。

しかし、
資料を詳しく見ていくと、あまり病院に行けていなかったことが判明しました。


図1 ケガによっては後遺障害等級が認定されないことも

【重要ポイント】

後遺障害等級の認定は通院実績にも左右されます。

今回ご相談いただいたのは、
事故からすでに10ヶ月が経過してからでした。
そのため今さら通院頻度を上げても意味がありません。

このような場合には、後遺障害診断書の内容をなるべくよくた上で、
認定されるのを祈るしかありません。
「もっと早く相談しておけばよかった。」とおっしゃいましたし、
私もそう思います。

交通事故にあってしまったら、一度は私どものにご相談ください。
できるだけお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です