Topics

医師に相手にして貰えない(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイク事故に遭ったが、医師の対応が悪い

交通事故の被害者が、医師から「大したことは無い。」といわれて相手にしてもらえないことは良くあります。

例えば、バイクの事故で頭部打撲や頸椎腰椎捻挫を受傷した場合。

ある程度大きな病院であれば、まず頭部MRI撮影を行い頭部の出血の有無を確認します。
しかし、もし、頭部MRI撮影で出血がないことが確認できると、医師はそれ以上の検査を行わないこともしばしばあります。
交通事故の被害者が、頭痛が続くことから、頚部からきているかもしれないと思い、医師に頚部MRI撮影をお願いしても「大したことは無いから大丈夫!」と言って頚部MRI撮影すら行ってくれないこともしばしばです。

頭部の出血や骨折等がないと、軽くあしらわれてしまうことがあるのは残念なことです。
上記のような場合でも、医師が適切な検査を行い、後遺障害の等級申請をすれば、後遺障害の等級が認定されることがあります。
その場合、医師が検査を怠ったばかりに、被害者は、本来ならば受け取ることが出来た数百万円の示談金を受け取れないことになってしまいます。
交通事故被害者にとっては、後遺障害の可能性も視野に入れた治療・リハビリをしてもらえる医療機関がどうしても必要なのです。
もっとすんなりと検査してもらえたらいいのに・・・

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー