Topics

見逃されていませんか?腓骨神経麻痺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で腓骨神経麻痺

交通事故で、膝や足首を怪我した場合には腓骨神経麻痺を疑う必要があります。
しかし、腓骨神経麻痺は見逃されることが非常に多いのが現状です。
hikotsu

 膝・足首に、骨折を負った方、
神経障害を立証するために検査を受けた方が良いかも知れません。

腓骨神経麻痺

これまでに幾例もの交通外傷をみてきましたが、一番多く見逃されているのがここでご紹介する腓骨神経麻痺です。

腓骨麻痺の原因となるケガ

腓骨神経麻痺を発症しやすいケガをご紹介します。

  • 脛骨・腓骨開放性骨折
  • 脛骨高原骨折
  • 膝関節脱臼
  • 足関節(足首)骨折
  • 両下腿骨(脛骨・腓骨)骨折
写真は両下腿骨骨折

腓骨神経麻痺の症状

腓骨神経麻痺の主な症状は、足首や足の指を動かすことが出来なくなる(下垂足)、痺れが残っているというものです。
もし、膝や膝下の骨を骨折してしまったら、腓骨神経麻痺かどうか疑ってみてください。
特に足首や足の指が思うように動かない場合は要注意です。

症状には幅があります

主な症状は下垂足です。

足首を持ち上げることが困難になる、いわゆる「垂れ足(下垂足)」です。

しかし、完全に動かなくなるとは限りません。
少し上げづらくなり、歩行中よく躓くといった場合でも腓骨神経損傷の可能性は十分にあります。

足首を挙げ辛くなったり指が左右で異なる様子を示す

骨が治ったからもう大丈夫」と言われてませんか?

整形外科の先生は骨の治りに興味を持っています。
しかし、神経にはあまり関心を示しません。
その結果、腓骨神経麻痺は見逃されてしまいます。

「検査(神経伝導速度検査など)しなくても大丈夫。」と言われていませんか?

本当に神経伝導速度検査や針筋電図検査は必要ない?
被害者の足を実際に見て触れた医師によくある発言です。しかし、後遺障害の認定は書類審査です。面談審査があるわけではありません。検査結果がなければ症状は無いものと扱われてしまいます。

同じようなケガを負った方は是非一度ご相談ください。

  • 脛骨・腓骨開放性骨折
  • 脛骨高原骨折
  • 膝関節脱臼
  • 足関節(足首)骨折

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー