第11級7号 脊柱に変形を残すもの

カテゴリー 頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

事故契機で症状が発症した頚腰椎ヘルニアのオペが実施される場合、

採用される術式によってオペ後症状が完全に改善された場合でも後遺障害として認定されることがあります。

それが第11級7号の「脊柱に変形を残すもの」という後遺障害等級です。

この等級の認定基準は「脊柱固定術が行われたもの」

となっていますので、前方固定術等が行われた場合11級が見込まれることになります。

 

 

☆「脊柱に変形を残すもの」に該当するもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です