Topics

交通事故で骨盤骨の変形(12級5号)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頚腰椎捻挫で固定術の手術を受けた場合


脊柱の固定に腸骨(骨盤の骨)が採取され使用されることがあります。
その結果、後遺障害等級12級5号の認定がされることがあります。

認定基準では、骨盤骨の著しい変形は「裸体となったとき、変形が明らかにわかる程度のものをいい、変形がエックス写真によって、はじめて発見し得る程度のものは該当しない」とされています。
しかし、実際の認定実務においては、固定術に伴って採取されたことが明確であり、採取部がレントゲン上はっきりしている場合、骨盤骨の変形として認められている場合が多々ありますので、に後遺障害診断書に記載してもらうことが肝要
見落とされ易いポイントなので要注意です。
固定術による脊柱の変形11級+腸骨採取による骨盤骨の変形12級=併合10級というパターンがよく見られます。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー