第12級5号骨盤骨の変形

カテゴリー 骨盤骨の後遺障害

頚腰椎捻挫で固定術のオペが施行された場合、

脊柱の固定に腸骨(骨盤の骨)が採取され使用されることがあります。

今回もそのようにして第12級5号の認定がなされました。

認定基準では、骨盤骨の著しい変形は「裸体となったとき、変形が明らかにわかる程度のものをいい、

変形がエックス写真によって、はじめて発見し得る程度のものは該当しない」とされていますが

実際の認定実務においては、固定術に伴って採取されたことが明確であり、採取部がレントゲン上はっきりしている場合

骨盤骨の変形として認められている場合が多々ありますので

主治医に後遺障害診断書に記載してもらうことが肝要です。

見落とされ易いポイントなので要注意です。

固定術による脊柱の変形11級+腸骨採取による骨盤骨の変形12級=併合10級というパターンがよく見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です