タクシ-相手の事故

カテゴリー 弁護士費用特約

相談に来られる方の中には、相手方がタクシーであったので対応に苦労しているという方が時々いらっしゃいます。

タクシー会社の場合、任意保険や共済会に加入している会社の場合でも結局はその会社の事故担当者が出てきて

高圧的で一方的な主張をしてくる場合があるようです。

任意保険会社に加入していないタクシー会社の場合は、被害者は最初からそういった担当者と渡り合わねばならないわけです。

相手方がタクシーでも、後遺障害の等級申請の面では他の方となんら変わりはありませんので

医師と連携して適切な認定を受けられるようジコナビがサポートしますので安心してご相談下さい。

過失割合であるとか、休業損害といったご自身の権利を擁護する面でこのような難しい相手方と交渉する場合は

やはり弁護士の力を借りるのが賢明でストレスが少なくなる方法であると言えます。

そのためご自身の自動車保険に弁護士費用特約を付帯させることを是非お考え下さい。

事故に遭ってから初めて示談交渉の大変さに気づき、慌てて弁護士費用特約を付けられた方もいらっしゃいましたが・・・

間に合いませんでした。(もちろん自費で弁護士を雇うことはできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です