閉所恐怖症の方のためのMRI オープンタイプについて

カテゴリー 検査を受けたい


閉所恐怖症の方は、通常の機器ではMRI検査が受けられないかも知れません。

そんなときはオープンタイプのMRIで撮影してもらうことになります。

しかし、

医療機器メーカーの友人によるとオープンタイプを取り扱うメーカーはごくわずかしかないそうです。

残念ながら友人の勤めるメーカーでも取扱がありません。

理由は単純で、性能が劣るから、だそうです。

性能の目安となるのが磁束密度の単位であるテスラですが、

通常の筒状MRIの場合には1.5テスラ以上が普及しており、

私どもの場合には3.0テスラを手配するようにしています。

しかし、オープンタイプの場合にはわずか0.3テスラです。

0.2テスラもまだ残されているようです。

普段私どもが手配しているものから-2.7~-2.8テスラです。

性能が劣るのは明白です。

そのため、もし、安定剤などで対処できるなら通常の筒状タイプのMRIを受けることをお勧めします。

そして出来れば3.0テスラでの検査をお勧めします。

図:イメージ画像

もし、どうしてもダメならオープンタイプしかありませんが、

その時は設置されている病院(関西に限る)を調べてありますのでお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です