まだ治療を継続したいのだけど・・・

カテゴリー 治療・病院・医師にまつわる問題

交通事故で受傷しある程度治療を継続していきますと

相手方保険会社から治療費をそろそろ打ち切りたいと打診される段階を迎えます。

被害者ご本人からすれば、まだ治療を継続したいので

継続して治療費を支払ってくれるように保険会社に依頼しますが

効果なく打ち切られてしまう場合が多いのが現状です。

ここで一番まずいのは、「保険会社が治療費を払ってくれない=病院に通院してはいけない」と勘違いして通院をやめてしまうことです。

ご自身の健康保険を使ってでも症状固定を迎えて後遺障害診断書を書いてもらえるまで

通院は継続していなければなりません。

そうしないと後遺障害の申請そのものができません。

もし既に症状固定の時期を迎えていて、保険会社から治療費を打ち切るので

後遺障害診断書を書いてもらって下さい、と言われたのであるなら

後遺障害認定を受けて、その賠償金額をその後のケアに使うという方向に頭を切り換えた方が

賢明かもしれません。

そこで治療費に関して争っても効果が無いことが多いですので

内容のある後遺障害を主治医にかいていただくことに注意を集中して下さい。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「賠償に勝利する健康保険の使い方」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

「賠償に勝利する健康保険の使い方」編の主な内容

  • 交通事故で健康保険は使えるの?
  • 交通事故で健康保険を使うには?
  • 健康保険を使ってメリット獲得#1 治療費節約
  • 健康保険を使ってメリット獲得#2 打ち切り対策
  • 健康保険をあえて使わない選択
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#1
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#2
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#3
  • etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です