Topics

頚椎捻挫とストレートネック(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14級9号が認定された被害者のレントゲン画像

頚椎捻挫と診断され、その後、後遺障害等級14級9号が認定された方の画像を紹介します。


図:XP画像 ストレートネック

交通事故直後に撮影されたレントゲンの説明にて「骨に異常はありません。」と言われ、被害者本人は何も悪いところはないと思いホッとすることは多いと思います。
しかし、交通事故にあってから3ヶ月が過ぎても首の痛みと手の違和感がなくならないことも少なくありません。
そのような場合、後遺障害の等級申請の準備を進める必要があります。
後遺障害の等級申請をすることが出来る6カ月が経過してから準備したのでは手遅れになる危険性がありますので、早めの準備が大切です。
医師から「異常はありません。」と言われたとしても後遺障害等級が認定されるケースは現にあります
これは、医師の考える異常と、後遺障害等級認定基準における異常の概念にズレがあるからです。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー