まずは他覚的所見の存在をしっかり否定しておいて、

それに続く文言が14級9号の認定理由を明らかにしています。

 

「しかしながら、治療状況症状推移なども勘案すれば、

将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから・・・

第14級9号に該当するものと判断します」

 

治療状況・・・通院実績と解釈できると思います。(もちろんそれだけではありませんが・・・)

痛みやしびれが実際に継続していれば、病院や整骨院でコンスタントに治療してもらうはずだという

常識的な判断が働いていると考えられます。

逆に、通院実績が月に1,2回しかないとか、1ヶ月全く通院していないといった場合は

その理由がいかなるものであっても認定上極めて不利な状況にあります。

 

症状推移・・・症状の一貫性と解釈できます。

事故直後より存在した症状が症状固定時まで一貫して残存していることが必要です。

経過診断書に、症状軽快したと書かれてしまうと認定の可能性はかなり低くなってしまいます。

診察時やリハビリの際には、しっかり自覚症状を伝え続けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です