最近、続けて「異時共同不法行為」のご相談がありました。

「異時共同不法行為」とは、交通事故で治療中に、また交通事故に遭って同じ所を受傷した場合を

言います。

この場合、2件目の事故が発生した時点で、1件目の加害者からの賠償は打ち切られ、

2件目の事故の加害者が引き継ぐことになりますので、どちらかの加害者に賠償請求できる

という訳ではありません。

でも、後遺障害に関しては、両方の自賠責保険に請求できます。

別の事故ではなく、同一の事故とみなして、1つの後遺障害が認定されると考える訳です。

1つの後遺障害に対して自賠責保険が2本使えるので、頸椎捻挫で14級9号が認定された場合、

75万円×2となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です