Topics

異時共同不法行為(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故での異時共同不法行為

「異時共同不法行為」とは、別個の不法行為が複数重なることを言いますが、交通事故で良く問題となるのは、交通事故(1件目)にあった人が、その治療中に、また別の交通事故(2件目)に遭って、同じ所を受傷した場合です。

このような場合、2件目の交通事故が発生した時点で、1件目の加害者からの賠償は打ち切られます。
そして、2件目の交通事故の加害者が1件目の交通事故を引き継ぐことになります。
もっとも、1つの後遺障害に対して自賠責保険が2本使えます。
従って、頸椎捻挫で14級9号が認定された場合、75万円×2で150万円が支払われることになります。
以上が、実務上の扱いですが、この扱いが論理的に説明できるのかは私自身も良く分かりません。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー