頸椎捻挫や腰椎捻挫で苦しんでいらっしゃる方にとって

自分の後遺障害認定が14級9号の認定に留まるのか、

あるいは12級13号に該当する可能性があるのかは大きな関心事のはずです。

最近12級13号が認められた方の認定理由は以下の様なものでした。

「提出の頚部画像上、C5/6 で左優位の脊髄圧迫所見が認められ、神経学的所見として、

左上肢の腱反射の低下等が認められていることから、

他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉えられる」

MRI画像所見で脊髄を圧迫するほどの椎間板の突出があるかどうかや、

神経学的検査の結果と整合性があるかどうかが重要視されていることがわかります。

そのどちらの要素が弱くても、12級13号の可能性は非常に小さくなります。

12級13号のハードルは非常に高いのが現実です。

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 二度目の認定は得られるか
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です