Topics

腰椎ヘルニアでオペをしたが14級9号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理不尽な認定

交通事故の後遺障害の等級認定においては、理不尽な認定がなされることが良くあります。

例えば、
Aさんは、事故で腰椎捻挫を受傷し、馬尾神経の圧迫も見られ足が下垂している状態でしたので、腰椎ヘルニアの手術をしました。
初回の後遺障害申請では、術後に残っている足の痛みやしびれは他覚的所見に乏しいとされましたが、交通事故との因果関係は認められ14級9号が認定されていました。
とはいえ症状はかなりはっきりと残っていたため、神経そのものが痛んでいることが疑われ、電気生理学的検査によって神経の損傷を裏付ける医学的証拠を揃えて12級13号を目指して異議申立を行いました。

ところが、結果は前回同様の14級のまま。
認定理由には、オペをする前にかかっていた病院(第一次診)に医療照会したところ、事故当日の他覚的所見はなしとされている、神経学的所見も異常なしとされている、という点が挙げられていました。

その上で、腰椎ヘルニア由来の神経の不可逆的損傷があることは認めるが、
そもそも腰椎ヘルニアによる症状と交通事故との因果関係は認められない
オペも交通事故による症状に対するものとは認められない、
もっとも、している痛みに関しては14級は認める
なんとも理不尽な認定になってしまったのです。

もし今回の認定の論旨が一貫したものであるなら、初回認定の際に第一次診の所見を指摘し、非該当という判断になっていたのではないでしょうか?
Aさんには腰椎ヘルニアの既往歴もなく、オペをされたドクターは脊椎専門の医師で交通事故との因果関係をしっかり肯定して下さっていました。

このように自賠責のレベルでは理不尽な認定がなされることが多々あります。
こうなると訴訟によって争うしか方法はありません。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー