Topics

自賠責保険の後遺障害慰謝料(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自賠責保険における後遺障害慰謝料

交通事故の保険にはいろいろあって複雑ですが、示談金の一部分を構成する要素です。

図:自賠責保険の後遺障害慰謝料

等級の数字が小さくなるほど後遺障害が重く、慰謝料の金額も大きくなります。
また、1級と2級には二つの数字が用意されているのですが、この理解はとりあえず、脳損傷と脊髄損傷の場合には大きな数字が適用されて、それ以外には小さな数字が適用される、としておけば十分です。

赤本基準と比較すると、例えば、14級の場合、赤本基準では110万円ですので、後遺障害慰謝料の差額だけで弁護士費用は十分に賄えますね。

これに加え、
後遺障害の等級が認定された場合、自賠責保険から、後遺障害慰謝料以外に後遺障害遺失利益も支払われますが、後遺障害遺失利益についても等級がごとに金額が決まっています。
後遺障害遺失利益についても、自賠責保険の計算方法は、弁護士基準の計算方法とは異なります。
もちろん通常弁護士基準で計算する方が高額となりますので、ここでも大きな差が生まれます。

後遺障害が残った場合には弁護士に依頼しなければ実質損をするというのが現状の制度です。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー