手前味噌で恐縮です。

しかし、あなたも知っておかれると損はないと思うので以下の事例をご紹介します。

先日、私どものアドバイスにより新たに治療・検査方針を見いだした方がいらっしゃいました。

ずっと整形外科にかかっておられ、自覚症状の多くを原因不明と言われ続けていた交通事故被害者です。

話を伺うと、整形外科ではなく神経内科のある専門領域の先生にかかると活路が見いだせそうな気がしました。

それをお伝えすると、さっそく自力で条件に合致する病院の先生を見つけだし診察を受けられました。

予想した通りの診察結果となり、詳しく検査を進めていくことが決まったことから、私どものアドバイスに感動されたという連絡を頂戴しました。

せっかくなので、ここをご覧になった交通事故被害者の皆さまには自分のこととして覚えておいて欲しいのですが、医療の世界では、医師同士の横の連携を期待してはいけません。

医師の横のつながりは無いと思っておかれるのが賢明です。

たとえ総合病院であってもです。

同じ診療科なら医師同士のつながりはかろうじてあるかも知れませんが、専門分野が似通っていることがほとんどです。それではあまり意味がありませんよね。そして、他科となるとますます横のつながりはありません。

こうした現状を踏まえて、交通事故被害者は立ち振る舞わなければならないと心がけてください。

そして、適切な診断・検査を受けるようにしてください。さもなければ、正しい治療も補償も受けられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です