部分的な症状固定(部位別症状固定)は可能?

カテゴリー ケガ/部位別・後遺障害等級

事故によって複数のケガを同時に負うことはよくあることだと思います。

特に、骨折が数カ所にわたるような場合、それぞれの箇所の治療状況や期間が大幅に異なってくることも起こりえます。

Nさんの場合も右橈骨遠位端骨折と左尺骨骨折を受傷し、その部分は症状固定が近づいていましたが、

顎の骨も骨折しており、咬み合わせを調整してから再手術が見込まれる状態でしたので、

顎に関してはまだこれから1年以上は治療が必要な状態でした。

こういう場合は左右上肢の骨折にかかる症状を先に症状固定にしてしまい、顎に関しては後から症状固定にするという手法も考えられます。

Nさんの場合も左右上肢に関して部分的に先行して後遺障害診断書を書いていただく方向で主治医の理解を得ることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です