自賠責の外貌の醜状に関する認定基準が改正されました

カテゴリー ケガ/部位別・後遺障害等級

これまで自賠責の後遺障害等級認定では、外貌の醜状に関する等級が男女で差があり

女性が有利に扱われていましたが、

自賠責においても自賠法施行令の一部が改正され、労災同様男女同一の基準で認定されることになりました。

平成23年4月26日に閣議決定され、平成23年5月2日官報(号外特第35号)で政令第116号として公布され同日施行されています。

この改正は平成22年6月10日以後に発生した事故に遡及適用されることになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です