ごあいさつ

閲覧頂きありがとうございます

この度は当事務所のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。

弁護士の岸秀行と申します。

ジコナビは、前代表である前田修二により開設されました。
開設の経緯は、前田が、1999年交通事故に遭い入院し手術を受けたことに始まります。
当時、前田は、大学生であり、社会経験も乏しかったため保険会社の担当者に大変悔しい思いをさせられました。
その悔しさがきっかけとなり、前田は、交通事故のことを勉強し、また、行政書士の資格をとって交通事故業務を始めました。
そして、前田は、交通事故解決においては「法律知識や交渉力」はさほど重要ではなく、「医療の方が重要」であるという考えに行き着き、医師との連携を進めていきました。
もっとも、一方で、交通事故の解決は、示談交渉・訴訟を抜きにして語ることは出来ず、行政書士に出来ることには限界がありました。

そんな中、前田から、私に、ジコナビ業務を引き継いでくれないかとの打診がありました。
私は、前田とは大学時代からの友人であったことから、前田が、交通事故で苦しんでいる姿を間近で見ておりました。
当時、私は、何か力になってあげたいとは思ったものの、私も前田と同様大学生であり、前田同様交通事故の知識など全くなかったことから、前田を助けてあげることはできませんでした。

しかしながら、今は、私も、弁護士の資格を有しておりますし、交通事故の知識も有しております。
また、交通事故被害者のことを親身に考えて下さる医師の協力を得ることも可能です。

そこで、私は、前田の意思を引き継ぐことに致しました。

弁護士である私が業務を引き継いだことにより、今までジコナビが行ってきた病院の紹介・後遺障害の等級認定だけでなく、示談交渉・訴訟を含め交通事故被害者のトータルサポートが可能となりました。

私も、前田同様、交通事故は、法的な知識より医療の方が重要であると考えております。
「医療を重視した解決」によって、交通事故被害者が納得のいく解決が出来るよう全力でサポートしていこうと考えております。
交通事故に遭われた方、交通事故で何かお困りの方は是非一度ご相談ください。

トップページへもどる

700contact