交通事故被害者のための病院紹介サービス

大阪・京都の交通事故はお任せください

dr_5

byoinshokai01

support

交通事故被害者の解決に役立つ病院紹介の流れ

病院紹介の流れ 整形外科の場合

まずは提携医療機関をご紹介し、そこで出来ることを順次進めます。
提携医療機関ではできない検査がある時や、特定分野の専門医の評価が必要な時は、協力関係にある専門医や検査機関にかかって戴きます。
いずれも、ジコナビとの協力関係にあるため、難しいやりとりは不要です。
必要な検査をタイミングよくスムーズに受けて戴けます。

ジコナビの病院紹介の特徴

tsuyomi1

  • 今の主治医にかかったまま、
    示談まで進めていってよいものか迷いを感じている
  • 迷いどころか、主治医とは端的に上手くいっていない
  • 症状は確かに残っているが、
    主治医がそれを認めようとせず、悔しい思いを溜め込んでいる
  • 保険会社と主治医が通じていそうで、
    安心して通院することができない
  • 主治医と口論になったことがある
  • 示談までに専門医にかかりたいがコネがない
  • 専門医にかかりたいが主治医は紹介してくれない
    自分で探してかかるようにと言う
  • 症状を証明したいので、
    協力的な医師との出会いを求めている
  • 法律や交渉には自信があるが、
    検査の手配や診断書の入手には自信がない
  • 弁護士に依頼していて法律面の心配はないが、医療に詳しくなさそうなため後遺障害等級の認定には不安を感じている

交通事故解決がスムーズに!

 

  • ジコナビが間にはいり、医師とのコミュニケーションをサポートします。
  • 医師とのコミュニケーションに悩むことはなくなります。
  • ストレスの溜まりやすい医師との会話に悩むことがなくなります

 

このような時に威力を発揮!

次のいずれかに該当する場合、病院紹介により解決をスムーズに進められるようになります。

  • 異議申立を成功させたい
  • 協力的な医師を捜している
  • 今の主治医が、診断書に協力的でない
  • 今の主治医が、後遺障害診断書を書かないと言っている
  • 病院・医師の態度に四苦八苦している

医師との駆け引きのような会話から解放されます!

 

ジコナビでは、整形外科専門医と高次脳機能障害専門医をご紹介が可能です。
また、これらの医師が高度な専門的判断ができるよう、読影専門医(MRI・CTなどを読み解く専門医)や神経内科医のチームワーク体制もあります。
ご依頼によって特に高い価値を感じて頂けるのが、医師との駆け引きのような会話をしなくて済むようになる事です。
これにより、病院に通うことで生じていた不安や憂鬱な気持ちをすっきりさせることが可能となります。
交通事故被害者にとって慰謝料だけでなく、治療や原因究明の面でもプラスとなるよう医師をご紹介します。

当事務所のサポートを通じて、
安心して病院に通い、診断書までたどり着くことができるようになります。

質の高い診断書が手に入る!

 

リハビリ通院から、異議申立や後遺障害診断書まで

  • リハビリに通いやすい病院を確保したいとき
  • 異議申立を効果的に実施するための診断書が欲しいとき
  • 後遺障害診断書を被害者の立場にたって記載してくれる医師が必要なとき
  • 検査をうけたいとき
  • など

怪我の種類に左右されずに活用できる!

 

頚椎捻挫(ムチウチ)から頭部外傷にいたるまで

  • 頚椎捻挫(ムチウチ) 、頚椎・腰椎椎間板ヘルニアなどの、首腰のケガ
  • 肩・膝などの、関節のケガ
  • 骨折や靱帯損傷などの、器質的なケガ
  • 脳挫傷、クモ膜した出血などの、頭部外傷

※「外傷性」と書かれていなくても大丈夫です。

《重要ポイント》医師選びの失敗 = 不安・憂鬱の増加

医師選びを失敗すると、余計なストレスに悩まされたあげく目茶苦茶な診断書のせいで賠償にも悪影響を及ぼします。
医師選びの失敗は、交通事故解決の失敗を意味します。
お気軽にご相談下さい。
byoinshokai02

700contact