「医師との会話に四苦八苦」

  • しっかり診てもらいたいが、どういえばいいのか分からない。
  • 検査も受けたいが、機嫌を損ねないか心配。
  • 医師との会話はどうも苦手。

お任せください。

医師との会話で四苦八苦するようなことがなくなります。

交通事故では、特に、医師との会話は難しくなりがちです

一般的に、交通事故被害者の患者は医師から敬遠されています。

その理由には色々ありますが、裁判沙汰に巻き込まれたくないから、というのも理由の一つです。

裁判になるケースは多くありませんが、医師にとって裁判は未知の世界です。

萎縮するのも無理はありません。

全ての交通事故患者に対して一定の距離を置くのた通常です。

裁判する気がなくとも医師は萎縮

たとえ、被害者に裁判する気がなかったとしても、それは医師にとっては分からないことです。

どの患者が裁判を希望するかを確かめることもありません。

確かめると、かえって裁判への意識を高めてしまうから、という医師もいます。

確かめることなく敬遠される、そういうものと割り切る必要があるわけです。

もう、医師との会話で困ることはありません

一般的に医師に嫌われるのが交通事故被害者ですが、全ての医師が嫌うわけではありません。

また、裁判沙汰にならないようにフォローする専門家がいれば協力的になってくれる医師もいます。

私たちがご紹介する医師も、そういう医師の一人です。

もう医師との会話で困ることはありません。

公平な診察を

交通事故被害者の患者だからといって、保険会社に偏った診察を受けるおそれはなくなります。

客観的な診察を

客観的な検査結果の収集に努め、保険会社に何を言われても堂々としていられる状況を提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です