頭部外傷専門医をご紹介します

交通事故被害者によくあるシーン

kojino01-2
nagare_koujinou2
交通事故被害者が脳に損傷を負った場合、救急病院に担ぎ込まれ、最初にかかるのは脳神経外科です。
しかし、脳神経外科の医師の使命は、生死に関わる救命医療であり、手術が終わるか、あるいは、手術せずに済むことがわかった段階で関心が薄れるのが通常です。

被害者お心得

rinen_5
交通事故被害者は、医師に嫌われやすいのをご存じでしょうか?
将来、裁判沙汰になるおそれや、保険会社からの執拗な医療照会があり、また、中には詐病を装う患者がいることから、医師は交通事故というだけで辟易としています。

有効な解決策として

rinen_6
公平に診てくれない病院にかかり続けても良いことはありません。
病院の専門分野とかかるべきタイミングを間違えることなく、最適な病院紹介を実施します。
交通事故被害者やご家族が既に気付いておられるニーズだけでなく、気付いておくべきニーズも喚起し、最適な病院紹介を実施します。

交通事故の解決に役立つ、専門医をご紹介!

救命救急が終わった後の、リハビリや後遺障害に親身になってくれる、そして、補償問題のことも忘れず対応してくれる専門医をご紹介します。
病院紹介の流れ 高次脳機能障害の場合

大学病院の専門医の診察

ご紹介する専門医は大学病院で頭部外傷の診察を専門とする先生です。現役で最先端の研究を行う正真正銘の専門医です。その先生の診察を受けられるようにします。

大船に乗った安心感を

  • 大学病院での検査
  • 正真正銘の専門医による診察

効力の強い診断書を

賢威ある大学病院の診断書なので、保険会社から受けられる補償がより大きくなります。

  • 大学病院の検査結果に基づく診断書なので信頼性が高い
  • 国内トップクラスの医師による診断書なので間違いがない

患者にストレスを与えない先生

大学病院の先生にありがちな横柄さが全くありません。

  • 非常に優しい先生
  • 先生の言葉は頭ではなく心にひびきます

示談までに、すべての検査が受けられる

大学病院の専門医なので、一般的には、診察を受けることさえ困難ですが
しかし、ジコナビでは事前にその先生と約束をしているのでスムーズに診察を受けて頂くことができます。そして、示談までに徹底的に、大学病院で検査を受けて下さい。

一体自分の体に何が起こったのか

脳損傷によって自分の身体に一体何が起こったのか、最先端の医療によって解明します。
目に見えない異変が判明します。
rinen_9
異変の一つ一つを徹底的に大学病院で解明し、立証につなげます。
同時に、自分の身体に何が起こっているのか分かるため、大変意義の高いご依頼となります。

byoinshokai02

次のようなケガを負ったら

次のようなケガを負ったら、迷わずご相談下さい。

  • 脳挫傷
  • くも膜下主ケツ
  • 硬膜外血腫
  • 硬膜下血腫
  • びまん性軸索損傷
  • 頭蓋骨骨折
  • 意識レベルの低下を伴う頭部打撲

事例紹介&お客様の声

最近の事例

見逃されやすい 9 級~ 5 級 軽度の頭部外傷後の後遺症

障害は一目で分かる、しかし総合的なサポートが必要となる重度の事例

  • 3級3号認定(9級10号からの異議申立を受任) 兵庫県 男性 元会社員
  • 3級3号認定(治療継続中に受任) 京都府K市 女性 元調理員
  • 併合2級(3級3号および12級5号)認定(12級5号からの異議申立を受任) 大
  • 2級1号認定(5級2号からの異議申立を受任) 大阪府S市 男性 元建設関係者
  • 1級1号認定(5級2号からの異議申立を受任) 大阪府I市 男性 元高校教師
700contact