膝のぐらつき感を立証するためのストレスレントゲン撮影によって後遺障害等級が認定されやすくなります

カテゴリー ケガ/部位別・後遺障害等級, 検査を受けたい, 膝の後遺障害

前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯


膝MRI画像


膝・内反/外反ストレス撮影の様子


膝・後方ストレス撮影の様子

膝の動揺関節

交通事故により膝を受傷し,靱帯をのばした場合(靱帯損傷・靱帯断裂など)には,膝関節の動揺性・不安定性を後遺症として残す可能性があります。

こうした後遺症のことを,動揺関節とよびます。

膝関節には主に4つの靱帯が存在し,よほど筋力が優れた方でない限り,いずれか一つの損傷または断裂でも,動揺性・不安定性は生じます。そして, 靱帯の回復は骨や筋肉のように早くはないため(それでも時間はかかりますが),後遺症を残す確率が高くなります。

認定の可能性がある後遺障害等級・・・ 8級7号・10級11号・12級7号

【ワンポイントアドバイス】

膝の動揺関節が,後遺障害等級として認定されるためのポイントは靱帯損傷(または断裂)の証明と,動揺性のレベルをの証明の2点です。よく見かける失敗例は,前者のみの立証しかしていないというケースです。この失敗は非常に多く見かけます。膝の靱帯損傷は後遺症を残して当たり前,という医師らの認識が現れているのかも知れません。つまり,等級認定機関なら靱帯損傷というだけで後遺症が残ることを理解してくれて,後遺障害診断書に詳しく書かなくても十分に理解して等級認定してくれるもの,というふうに医師らは考えているかも知れないということです。

しかし,現実は違います。

「後遺障害診断書に書かれていないことは後遺障害等級の対象にならない!」のですから,認定されることはありません。非該当や軽い等級の通知を受けた被害者は「あれ?どういうこと?」と首をかしげるのです。何度も繰り返し言いますが,後遺障害は立証しなければ意味がありません。動揺性のレベルの証明も欠かすことはできないのです。 動揺性のレベルは,ストレスXP撮影や装具の要否に関する所見により証明されます。これらを欠かさず検査・診断してもらい,後遺障害診断書に書いてもらうことが重要です。

【当事務所ではこのような対応が可能です】

不安定性(=動揺性)を立証するために必要な検査の手配が可能です。

  • 検査実施のための病院紹介を実施します。
  • ジコナビが所有するストレス撮影を行うための機材を持ち込み、検査を実施してもらいます(参照:下写真)

内側側副靱帯損傷・断裂の場合の撮影方法


後十字靱帯損傷・断裂の場合の撮影方法
この機材があることで、ストレス撮影の精度(質)と信頼性が高まります。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「転院を使いこなして、解決を成功させる方法」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

主な内容

  • 交通事故ならではの、2大転院リスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#1 転院のリスクを減らす
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#2 交通事故被害者を医師が嫌うわけ
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#3 手のひらを返されるリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#4 転院しないリスク
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#5 よい病院を見きわめるポイント
  • 転院を使いこなして解決を成功させる方法#6 主治医の説得は可能か
  • 医師面談で医師を説得しようとするリスク
  • 転院をリスクなく行うために
  • 交通事故でもし後遺障害が残った場合
  • etc.

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

(C)2013ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)

膝のぐらつき感を立証するためのストレスレントゲン撮影によって後遺障害等級が認定されやすくなります」に2件のコメントがあります

  1. 膝のストレスレントゲンの撮影をしたいのですが 現在治療中の医師の紹介状が 必要なのでしょうか。お尋ねいたします。その他お聞きしたいことが あります。

  2. 50歳男性。会社員。交通事故による右膝半月板損傷で関節鏡で切除術をうけ、退院。現在、リハビリ、休業中。身体を横にしていてても痛く、その他、痛みは改善されてはいないように思う。近い将来、症状固定、後遺障害診断書などのこともあり、手術した病院で診断書を書いてもらう方がよいのか?また、治療の専門医も紹介等ご相談いただければありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です